忍者ブログ

いわて*まにあ

東北・岩手県(主に県南・ちょこっと宮城県北も)の暮らし・遊び・風景・名物・良いとこ・イマイチなとこなどなど、美化なく等身大でお届け!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ペ・ヨンジュンへ “愛”に行く

ヨン様、大好きな従姉妹に誘われて、盛岡市岩山にあります、岩山漆芸美術館に行って来ました。

0231e4b6.jpeg
岩山漆芸美術館、駐車場からの眺め
 
橋本美術館であった頃に一度ココには来ていますが、相変わらず素敵な佇まいの美術館です。
岩山漆芸美術館としては、8月1日にオープンしたばかりです。

わたし達は平日に来たのですが、大方の予想通りヨン様ファンであろう女性達がたくさん訪れてらっしゃいました。
 
384a90c6.jpeg
ロビーにはヨン様贈呈のお花が。
 
実際は作品の方は当然のように撮影は禁止されてます。
せめてもの記念と思い、この花だけは許可を頂き撮影してきました♪

特にヨン様ファンと言うわけではないのですが、なんでしょうねえ~。
日本の有名人よりテンションあがるのは。
ああ、そうそう。
ハリウッドスターと並ぶぐらいのスター感があるんだなあ。

さて、ヨン様の作品は「愛」と命名されていました。
作品横には、ヨン様が来館し作品を制作している様子の映像が流されていました。
んんんー本当に岩手に、盛岡に来たんだなあーと思いつつも、なんだか信じられない感じです。
いやあ、特にヨン様ファンじゃない(しつこい?)わたしでも実物のヨン様見てみたい、と思ちゃいました。

ヨン様の作品は抽象的なのでなんともたいした感想も言えないのですが、油絵ではなく漆での絵画、きっと本当は難しいのだと思います。
ヨン様の作品は美しかったです。

ヨン様以外にも、瀬戸内寂聴さんの作品もありました。
寂聴さんの作品は“ほっこり”優しい作品でした。
お人柄が伺えます。

ヨン様目当てで来た岩山漆芸美術館でしたが、絵をちょっとたしなんだわたしとしては、全館長の作品を見ることができてとても良かったです。
漆でこんなにも表現も様々に絵が描けるものかと驚きました。
わたしのお気に入りは、漆工芸の技術を絵画にも用いた螺鈿細工の入ったもの。
螺鈿がオパールのように輝いてとても美しいのです。
あとは、縁起の良さそうな「龍」の絵。

漆での絵画。
油絵よりも面白いかもしれません!
なかなか漆工芸以外での漆の作品は観ることができないと思います。
一見の価値はあります!

で。
盛岡に行った帰り、奥州市江刺区にあるスーパー「サンエー」で、ヨン様プロデュース「ゴシレ」のキムチを、従姉妹が買ってくれました。
 
dabbf2c7.jpeg
 
近所のスーパーではまだ見かけてはいませんが、なぜか「サンエー」では売ってます。
日本で作られてるキムチは甘辛いかんじですが、やはり韓国で漬けたもののためか、かなり辛いです。
このキムチをのっけて盛岡冷麺を自宅で作って食べたんですが、冷たいものを食べているにもかかわらず、汗が出ました。
でも、ただ辛いだけじゃありません。
辛くて美味いです!
後引きます。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

ブログ内のお店の情報について

2011年3月11日の大震災により、ブログで紹介しておりましたお店や場所・観光地も残念ながら多数被害を受けたもようです。
ブログで紹介している情報は日付当時のものです。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

PR

最新コメント

[10/08 ユンア]
[07/12 zun]
[04/19 ユンア]
[01/18 zun]
[09/15 zun]

コメント返信について

コメント返信はこのブログの性質上一見返信がないように見えますが、ちゃんと返信させて頂いてますので、チェックしてみてくださいね。ただ、たまにコメントに気づかず見逃してる場合もあります(^_^;)

ブログ内検索

プロフィール

HN:
ユンア
性別:
女性
自己紹介:
岩手県南・I市K町在住。

家庭の事情により気ままに外出することはかなわなくなりましたが、そんな制限の中、何してやろうかな!?

岩手関連の書籍

岩手の宿探し

バーコード

Copyright © いわて*まにあ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]