忍者ブログ

いわて*まにあ

東北・岩手県(主に県南・ちょこっと宮城県北も)の暮らし・遊び・風景・名物・良いとこ・イマイチなとこなどなど、美化なく等身大でお届け!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

読み返しているうちに

いまブログを読み返してたんですが、震災当時の記事までたどり着き「ああ、あの頃そんなこともあったなあ」と思い出してなんだか涙ぐみ・・・。

普段暮らしているとあの当時のことを思い出すことはめったにないので、ちゃんと記録を残しといてよかったなと思う。

ずーっとね、記録していかないとね。

まあ、このブログの場合ほんとうに少しだけなんだけど。

わたし自身、震災を忘れないようにするためにも。


PR

うだづっ娘工房 KEROのバッグ(宮城県南三陸町)

 南三陸町志津川に行った話は前回書きましたが、志津川へ行く途中にある仮設商店街「伊里前仮設商店街」うたちゃんSHOPで、カワイイバッグ買ってたんですemojiニマニマ



うだづっ娘工房 KEROさんで創っているバッグです♪

愛用しているダイアリーが同じようなテイストの布カバー仕様なのです。
だから一目で気に入っちゃいました。

わたしは気に入ると平気で10年くらい同じものを使い続けるので、新たにバッグを買ったのもホントにひさびさ。

サイズが大きすぎず、小さすぎず、ちょこっと出掛けるって時に気楽に持ち歩けるのでいいです。

そして今も当然のようにこのバッグばっかり使ってます。

『ハンドメイドなので至らぬ点があるかと思いますが・・・・』との断りがあるんですけど、まったくそんな心配もなくキレイに仕上げられていてな~んの問題もありません。




震災後、初めての陸前高田、大船渡

震災から8ヶ月。
ようやく県内の被災地へ、先週行ってきました。

観光ではなく、叔母の知人の安否を尋ねてです。

もう少し詳しく説明しますと、
叔母の舅さんの戦友のお宅、とのこと。

8ヶ月も経ってなぜ今訪問かというと、舅の戦友だったという男性ももうずいぶん前に亡くなっていて、最近では疎遠になっていたので、連絡するのも気兼ねはするけど、どうしても無事なのか気になっていたそうで。

その知人の家は大船渡市三陸町越喜来にあり、しかも叔母の記憶ではすぐ目の前が海だったというのです。

越喜来もずいぶん被害があったはずじゃなかったかなあと記憶していたので、もうその知人のお宅も津波で流されただろうなと考えていました。

で、先週震災後初めて大船渡へと向かったわけです。


私達は、大東町から高田市矢作へ向かう道を使って行きました。
山越えする道なんですが、高田方面からの車がやたら多かったです。
それまではわりとひっそりとした道で、どちらかといえば高田へ向かう車が多かったんですけどねえ。
今は、逆なかんじです。

矢作あたりまではまだ、前までの記憶どおりでしたが、その先の市内や住田町へ向かう橋の辺りからはもう景色が一変していました。

もう昔、どんなだったか思い出せないぐらい。

今まで見えなかった山の奥のほうの景色が見え、知らない街に来たみたいでした。

そんな中でも、わたしがすごく感動したのが、ぽつぽつとながらプレハブのお店がわりとあったこと。

マイヤ(スーパー)も開店していて、賑わっていました。


大船渡へ行くまでにわたしが心配したのは、トイレ。
トイレの心配が、これまで高田方面へ来られなかった理由の一つでもありました。
が、マイヤにはキレイな水洗トイレがちゃんとありました。

大船渡へ山越えする道の途中の、プレハブミニモールのようなところにもトイレがあるので、安心して休憩できます。
Image010.jpg
このクリーニング店の建物にトイレがあります。

Image009.jpg

Image008.jpg
 
高田市の開店しているお店は、ごらんのように地元の人の生活のためのお店が中心で、観光客向けのお店はまだないようです。

コンビニやご飯屋さんがあるので、地元の人間じゃないわたし達はこちらを積極的に利用したいところ。

他にイオンも出店しているとか(見てはこれませんでした)。


高田市内の現在の写真もいくつか撮ってきました。
 
ba98d3a0.jpeg
海岸近くにあった野球場。
ライトがあることで、かろうじてここに球場があったことがわかります。
 
手前が水辺になっていますが、地盤沈下のためか、未だ水が引けていないようです。
 
32678dae.jpeg
遠くに残っている建物は高田病院。

43d23181.jpeg
これも、海側を撮った写真。
なんの建物が残っているのかわたしにはもう思い出せない。

db56cf09.jpeg
ここはどの辺なのか。
まだこんなにガレキが残っています。

Image013.jpg
ここは、スーパーとかがあった場所かな。
 

大船渡へは、ずーっと三陸自動車道を使って行きました。
帰りは大船渡市内を走ってきましたが、大船渡市は津波被害がなかったところも多いので、津波のあったところ以外はお店も普通に営業していました。
大船渡市内であれば休憩するところの心配もなさそうです。

さて、叔母の越喜来の知人ですが、海の近くに家があったにもかかわらず、人も家も無事であったとのこと。
ちょっと高台になっていたのが幸いだったようですが、それでも目の前まで津波が押し寄せて来たんでしょうから、怖かっただろうなと思います。

とにもかくにも、無事で何よりでした。


今回、ようやく近くの被災地にやって来たわけですが、案外わたしの周りでも「まだ被災地に行ったことがない」と言う人は少なくないのです。

やはり、心情的に、「行っていいものか」とか、行って見るのが怖いとかあるのだと思います。

わたしもそうでした。

近く、慣れ親しんだ街だからこそ、見たくないというか。

でも、一度来てしまったので怖さも消えました。

なるべく機会を作り(その機会ってのがなかなか・・・・なんですが)、お金を落としてくるなり、なんらかの貢献ができるように出向いてみたいと思います。

もうすぐ2ヶ月

震災から、やっと2ヶ月経とうとしてます。

気仙沼へ続く国道、また一関市内は、自衛隊の車両、他県からの災害援助の車両が、毎日絶えることなく走っています。

仮設住宅らしきものも運ばれてきます。

ほんとに、ほんとにたくさんの方々の支援を感じます。

東北人の気持ちを代弁いたします。

ありがとうございます!!



今日は、水沢の方に行ってきました。

途中、平泉も通ってきて(街中ではなくバイパスを通りましたが)。

どうやら、平泉、世界遺産に登録されそうとのこと。

わー本当だろうか!!??

来月の完全決定までは、なんだかハラハラしますが、登録になってくれたら嬉しい!


そうそう。

内陸南部も地震の影響、大きいです。

道路はひび割れていたり、波打っていたり。

前沢では、家の屋根にブルーシートが目立ったし。



季節はもう桜も散り始め、だいぶ暖かくなってきました。

お出掛けには華やかな服を着たい気分ですが。

気のせいかな?

街で見かける人達はみな抑えた色味の服装な気がするのは。




国道にある交通情報などを流している電光掲示板には、

「渋滞するから被災地への一般車の侵入は自粛してほしい」

と(連休、朝晩関係なく)やっぱりある。

被災地へ行って観光したい、買い物したいと思うのだけれども・・・・・。

ジレンマ。

岩手の沿岸の方は、営業を再開しているところが出てきているけれど、気仙沼の方では聞こえてこない。

どうなっているのかなあ。


帰りは、一関市川崎町の「フルセイルコーヒー」で、コーヒーを買ってきました。
 

息の長い支援を

今回もまた、フェリシモさんからお見舞いの品(バッグ)が送られてきました。
ありがとうございます、フェリシモさん!

なるべく、じぶんで使ったりせず被災者へ届けられたらいいな。


(2011.4.18)
以前、岩手・宮城内陸地震の時にフェリシモさんからはお見舞いの箱(衣類が入ってました)が届きました。
家に被害がなかったので申し訳ない気持ちで受け取りましたが、フェリシモさんのその気持ちが、すごく嬉しく思いました。

そのフェリシモでは、こんなことをしています。

東日本大震災 毎月100円義援金(基金)

かつて、わたしも毎月100円基金(森基金とか)してました。
今回の震災のものもやらないかなあと思っていたらちゃんとありましたね。
一度だけの寄付ではなく、ずーっと数年は続くであろう毎月基金です。
もちろん、途中でやめてもいいんです。
手続きしない限りずーっと毎月基金がされていきます。
一口100円からでもいいというのが気負わなくてずっと続けられそうでいいですね。
これから何年、完全な復興までにかかるかわかりません。
だからこそ息の長い支援が欠かせませんものね。


注意点として、
基金だけの注文としてもカタログ類などの案内が届く場合があります。

他にもチャリティーリングなども売っています。

被災地へ

宮城の叔母達の様子を見に行ってきました。

元々花見に合わせてずいぶん前から行く予定にしていたんですが、その間2度も大きな地震が来てしまい。
お花見にもまだ早かったんですが、あれから一度も叔母たちの顔を見ていなかったので予定通り宮城まで出掛けていきました。

東北自動車道は道がぼこぼこしてました。
50㎞制限が出てました(誰も50㎞では走ってませんでしたが)。
わたしの車は軽自動車で、4人乗ってましたのでそーっと走らないと振動がモロに伝わるのでスピードは出せませんでした。
帰りは4号線を通って来ましたが、同じように道が悪いので帰ってくるのにとても時間がかかりました。

叔母の家は利府にあります。
この日、利府近辺は7日の地震の影響で断水になっていました。
広いエリアで断水になっているので、スーパーなどもトイレの使用が禁止されていました。

従妹の旦那さんは多賀城に会社があったんですが、津波で使えなくなり今は仙台に仕事場を移したとのこと。
あの当日も会社にいて地震に遭い、津波から逃れてきたとのことでした。
その被害の後を見てきたんですが、テレビで見るように、道にぼろぼろ車がまだ残っていて。
道端に船が残っているところもあって。
被害を知らない、ではいられないと思って見てきたんですが、やっぱり直に見るとショックで。
家に帰ってからどっと、疲れが出てしまいました。
少し見てきただけでこんなに疲れてしまうのに、避難してきている人達はもっともっと疲れているだろうになと思いました。


叔母の家に行く数日前には、東京に住む親戚が、仕事のついでとはいえわざわざ家まで訪問に来てくれました。
こんな時の、遠くからの来訪者はあり難いものです。
その親戚が言っていたのですが、地震直後は津波の映像がものすごく流され続けたそうで。
ライブ映像なために人が流されたりといった生々しい映像が流されたとか。
わたし達はすぐに停電になってしまいテレビが見られなかったのでその映像は見ることなく。
その後3日ほどで今までのような津波の映像は流れなくなったのだそう。
わたし達がテレビを見られるようになったころにはもうあまり流されなくなっていたんですね。
どうして東京の人達が地震酔いだの、身体の不調が出てるのだろうと不思議だったんですがそういうことだったんですねえ。
被災地でそういうものを見続けなくて良かったのかもしれません。


先日、サンドウィッチマンが被災後の気仙沼を訪れていた番組がありましたね。
あの赤い建物の喫茶店がアンカーコーヒープレミアム店でした。
あのステキだった建物はああなってしまいましたが、従業員さんもお客さんも皆無事とのことで、本当に良かったです。
他の、フルセイルコーヒーは、車からの確認ですが、古川、岩手川崎は営業しているようです。
アンカーコーヒー・フルセイルコーヒーさん達も頑張ってます!
 

あと、多賀城の鳥善はまだ閉まってました。
マカロンのお店も津波で浸水があったようで、ここも閉まっていました。
再開をホントにホントに楽しみに心待ちにしています!

めんどくさがりさんでもできる鍋での炊飯

いまさらな感じではありますが、
わたしみたいな
「鍋で炊飯するのはいいけれど、いろいろ計るのめんどくさい!」
という人いますでしょうねえ。

震災の時は、停電はもちろん、
ついには携帯電話すらも通じなくなり、
鍋でご飯を炊きたいけれど(ネットで)調べられないなー
という事態に陥ってしまいまして。

過去に2度ほど土鍋で炊き込みご飯をしてみたことがあったので、
なんとか感を頼りにやってみることにしました。

実は過去2度は失敗してます・・・・。

焦がしました・・・。

あの時はレシピ通りにしたんですけどねー。

で、前回の失敗を踏まえて今回はどうしたかというと。

・研いだ米は30分ほど水に浸しました。

・水加減は土鍋ではよくわからないので、
 炊飯器に米入れていつもどおり水加減をしまた土鍋に移しました。

・最初は強火で。
 煮立ってくると鍋蓋の穴から吹きこぼれてきます。
 火加減を少し弱めて、
 その吹きこぼれがとりあえずなくなるまで煮る。
 土鍋は保温性があるので、強火にせずともクツクツ煮えてくれます。

・そのうち、鍋蓋の穴の蒸気も少なくなり、
 ちょっと匂いに焦げくささがでてきたなーと思ったら火を止め、蒸らし。

・蒸らしは必要。
 すぐには美味しいご飯にはなりません。
 土鍋なのでほったらかしでも蒸らしがとてもうまくいきます。

実際、時間なんて計ってません。

あんまり時間に捕らわれると上手くいかないかも。

昔の人はお釜でご飯炊く時、きっかり時間なんて計ってませんでしたからねえ。

毎日同じように炊いても、同じようにご飯が炊けないとばあちゃんは言ってたし。

わたしが前回焦がしちゃって失敗したのも、
レシピにある時間通りにしないと、
って思ってやった結果でした。

あと、炊飯途中で蓋開けて見ちゃってもいいんじゃないかと。

土鍋だとそうそう影響は出ないようですし。

復旧!

10時すぎ(喜びすぎて正確な時間わからず)、電気が復旧!
今回は早かった~。
ありがとう、お疲れ様です、電力会社さん!

また・・・

いつかはまた来ると思ってた、大きな余震。

また停電。

夜なので、この前の地震より怖さは倍増。

もうカンベンしてちょうだい!(怒)

復興のために



自粛ムードはいかがなものか。

自粛することで被災者や被災地の為になるといいんですが、実際どうです?
自粛されたからといってこちらに良い影響があるとは思えないんですよねえ。
自粛してどこかに行ったつもりで募金するのは悪くないかも。
でもなあ、わたし達から楽しむことを取り上げたら日本全体が元気がなくなりそう。

お花見とは関係ないんですが、毎年、父の日は日本酒を贈るのが定番。
いつも東北外のお酒を贈ってたけど、今年は東北のお酒を贈ることにしよう!

ブログ内のお店の情報について

2011年3月11日の大震災により、ブログで紹介しておりましたお店や場所・観光地も残念ながら多数被害を受けたもようです。
ブログで紹介している情報は日付当時のものです。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

PR

最新コメント

[10/08 ユンア]
[07/12 zun]
[04/19 ユンア]
[01/18 zun]
[09/15 zun]

コメント返信について

コメント返信はこのブログの性質上一見返信がないように見えますが、ちゃんと返信させて頂いてますので、チェックしてみてくださいね。ただ、たまにコメントに気づかず見逃してる場合もあります(^_^;)

ブログ内検索

プロフィール

HN:
ユンア
性別:
女性
自己紹介:
岩手県南・I市K町在住。

家庭の事情により気ままに外出することはかなわなくなりましたが、そんな制限の中、何してやろうかな!?

岩手関連の書籍

岩手の宿探し

バーコード

Copyright © いわて*まにあ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]