忍者ブログ

いわて*まにあ

東北・岩手県(主に県南・ちょこっと宮城県北も)の暮らし・遊び・風景・名物・良いとこ・イマイチなとこなどなど、美化なく等身大でお届け!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

松本哲也「ユキヤナギ」



ええ歌やー、ええ歌や~~~(@_@。
このPVを観るだけで泣けてきます。

再デビュー、嬉しかったです!!

PR

マンガ百花繚乱 - いわての漫画家50の表現 - 展(花巻市東和町)

マンガ百花繚乱 - いわての漫画家50の表現 - 展」に行ってきました。

「マンガ百花繚乱 - いわての漫画家50の表現 - 展」は、岩手県内2ヶ所で開催されているのですが、わたしは萬鉄五郎記念美術館(花巻市東和町)の方にだけ行ってきました。

「マンガ百花繚乱 - いわての漫画家50の表現 - 展」は文字通り、岩手出身、在住あるいはゆかりのある漫画家達の作品を紹介しています。

萬鉄五郎記念美術館では、少年漫画(スポーツ、冒険もの)、少女漫画、ゴルゴ13などの大人向けの漫画の作品と作者が紹介展示されています。

さすがに今時の少年少女が読む漫画はまったくわからなかったのですが、その中でも「おっ!」と思ったのが「池野恋」先生です!

「ときめきトゥナイト」読んでました~。

 

だからすごく懐かしくて嬉しかった~。

少女漫画は中学で卒業したわたしですけど。少女漫画でけして泣きやしないわたしですけども。
「ときめきトゥナイト」の生原稿を目の前にして、不覚にもウルッとしてしまい慌ててその場を立ち去りました。
感動のあまり、震えがきました。

それにしても驚いたのは想像以上に岩手出身の漫画家が多いってこと。
そして「あっ。この漫画みたことあるなあ」とか「このマンガのタイトル知ってるぞ」とかあって。

「11ぴきのねこ」の馬場のぼるさんも岩手にゆかりのある人だったんだなあ。

 

子供の頃大好きな絵本でした。
今でも馬場さんの絵は好きです。

さいとう・たかをさん。

 

花巻に現在住んでいるのだとか。
うわあ、信じられない!

なんと地元中の地元出身の漫画家もいてビックリ!

これでも岩手出身の漫画家のほんの一部なはずなんです。
若手で頑張っている人もたくさんいるんだろうなあ。

一時は漫画家を夢見たわたしとしては、「なんであん時諦めたんだろう」などと岩手出身の漫画家達を目の前にして思ったりもして。

いろいろな意味で感慨深かった。

『あ、そういえば岩手が舞台の漫画の展示がないなあ』
と思ったら、それは「石神の丘美術館」に展示されてるのだそうです。
あー残念!
ぜひ見たかった。
特に「壬生義士伝」が。

 


「石神の丘美術館」は岩手町にあるのでもう今からでは遠くて行けないなあ。

「マンガ百花繚乱 - いわての漫画家50の表現 - 展」は、9月6日までです。
もうすぐ終了してしまいます。

まだ、見に行ってないという方!
行って見ないともったいないです。
ぜひ行ってみて下さい。

河童のクゥと夏休み

やっと観ましたよ。
冬、真っ只中ですが。

河童のクゥと夏休み



年も明けまして、遠野へ行ったのがもう1年半ほども前のことになりますか。
その時の様子はコチラ
ちょうど、遠野へ行った2007年はNHKの朝ドラ「どんと晴れ」が放映中、加えてこの「河童のクゥと夏休み」も上映中でした。

映画は岩手の部分はほんのちょこっとではありますが、重要なシーンが多く印象に残りました。
観て初めて知ったのですが、遠野だけじゃなく釜石も描かれていたんですよ。
遠野も釜石もあんまり詳しくないんですが、すごく忠実に風景が描かれててそれはもう美しく描かれていました。

あと面白かったのが、座敷童子。
キモカワイイ座敷童子で。なんか貫禄ある座敷童子なの。

河童のクゥがカワイク、全編ほのぼのながら、ちゃんと人間の残忍なところが描かれてるの。
人間ってほんと愚かだわって。
最初は遠野が描かれてるからっていう理由で観た映画だったけど、内容も映像美もすごく良い映画だった。
子供に見せたい映画であります。

ねこ鍋、岩手版!


ものすごい話題になってる「猫鍋」。
これは、飼い主さんが岩手の方で、その岩手弁でのコメントが評判とのこと。
ねこ好きで癒されたい友達にプレゼントしたくなるような本かな。

「龍の道(ドラゴンレール)」殺人事件

うわさには聞いてた。 
大船渡線を舞台にした小説があるってさ。
その名も「龍の道(ドラゴンレール)」殺人事件
ドラゴンレールとは大船渡線の愛称のこと。
地図を見ていただければわかりますが、川崎町門崎から千厩までは12kmほどのところを、東山町~大東町を迂回して千厩駅に鉄道が通っている姿がまるで龍のようだと。なのでドラゴンレール。
そのドラゴンレールが舞台のトラベルミステリーものだそう。
んんーどんなことになってんだろう。一関とか大船渡線だとかさー。
まだ読んでないのでいつかは読みたいと思ってるのだあ。
叔母がこの本を持ってるそうだから、まずは借りて読んで、そしたら感想書き込みますね。

ブログ内のお店の情報について

2011年3月11日の大震災により、ブログで紹介しておりましたお店や場所・観光地も残念ながら多数被害を受けたもようです。
ブログで紹介している情報は日付当時のものです。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

PR

最新コメント

[10/08 ユンア]
[07/12 zun]
[04/19 ユンア]
[01/18 zun]
[09/15 zun]

コメント返信について

コメント返信はこのブログの性質上一見返信がないように見えますが、ちゃんと返信させて頂いてますので、チェックしてみてくださいね。ただ、たまにコメントに気づかず見逃してる場合もあります(^_^;)

ブログ内検索

プロフィール

HN:
ユンア
性別:
女性
自己紹介:
岩手県南・I市K町在住。

家庭の事情により気ままに外出することはかなわなくなりましたが、そんな制限の中、何してやろうかな!?

岩手関連の書籍

岩手の宿探し

バーコード

Copyright © いわて*まにあ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]