忍者ブログ

いわて*まにあ

東北・岩手県(主に県南・ちょこっと宮城県北も)の暮らし・遊び・風景・名物・良いとこ・イマイチなとこなどなど、美化なく等身大でお届け!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

sakura!さくら!サクラ!桜三昧

もう北海道でも桜が咲き始めてるとか。
今年は咲き始めたら早い、早い!
あっと言う間に満開時を過ぎてしまいましたね。
21、22日と叔母のいる多賀城に行ってきました。
こっちは桜の名所がたっくさん。
では、ずらずらっと、写真を見てもらいましょう。


c981f517jpeg

まず、これは、岩手県一関市花泉の桜です。
若柳まで抜ける道の途中にずらーっと桜並木のところがあるの。
のどかーに手弁当を広げ、お花見をしてるじいちゃん、ばあちゃん達がいて微笑ましかったなあ。

いつも使う道なんですが、初めて桜の見頃に合いました。


eed27bcbjpeg

これは、利府町にある加瀬沼公園の桜。
サイトを見ると、わたし達が行った次の日にはあっと言う間に散ってしまったとのこと。
キレイな時に間に合って良かった。
去年は残念ながらもう葉桜だったので。
見て!桜の木の下が散った桜の花びらでピンクの絨毯になってます。
ピンクの小花が咲いてるようにも見えますね。

1c7fb1c5jpeg
 
加瀬沼方面から桜を見たところです。
ちなみに加瀬沼には水鳥や野鳥がいて鳥っこ好きにはたまらないところ。
ほんとにここの公園は広くてキレイに整備されているし、子供達を遊ばせるにもとても良いところです。
緑もキレイで公園の手入れが行き届いているのに感心します。
岩手県でもこういう規模で美しい公園を作ればいいのに。

b7edb5c6jpeg

こちらは、塩竃神社
遠くに海が見えます。
塩竃神社には様々な珍しい種類の桜がたくさん。

それに桜の時期でなくても、散歩したくなるような庭園のあるところです。
期待以上に良いお花見が出来たので、とても気に入りました。
機会があったら毎年来てみてもいいな。


28357da8jpeg

で、これが松島の西行戻しの松公園展望台の桜。
CAFE LOIN(カフェ ロワン)というおしゃれーなお店があるところですよ。
松島湾の青さと、桜のピンクとの見事なマッチング~
天気にも恵まれたので綺麗に見られました。


5b1c33e7jpeg

そして最後にこれ。
お家に帰る途中コンビニで購入。
東北・新潟限定のサクラそばだって。
ほのかにサクラの(いや、サクラの葉っぱというべき?)香りがするおソバでしたよ。
最後まで“サクラ”でしめてみました。

本来「花より団子」で、人込みも苦手なのでお花見に行くのは腰の重いわたしでしたけど、行ってみると楽しい!楽しい!
桜だけがキレイでというよりも、どこも公園や庭園の雰囲気が良く、居ると心地よく。
花だけありゃあいいんじゃないんだと、雰囲気というか世界観が大事なんだなあと思いましたねえ。

さて、今度は角館の桜を見に行きたいぞ。
武家屋敷に枝垂桜が雰囲気良く咲いてるのだそうだ。
今年は無理だけど、いつか必ず行くぞ!(激混みするの知ってるから来年とも宣言できない)
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

ブログ内のお店の情報について

2011年3月11日の大震災により、ブログで紹介しておりましたお店や場所・観光地も残念ながら多数被害を受けたもようです。
ブログで紹介している情報は日付当時のものです。

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

PR

最新コメント

[10/08 ユンア]
[07/12 zun]
[04/19 ユンア]
[01/18 zun]
[09/15 zun]

コメント返信について

コメント返信はこのブログの性質上一見返信がないように見えますが、ちゃんと返信させて頂いてますので、チェックしてみてくださいね。ただ、たまにコメントに気づかず見逃してる場合もあります(^_^;)

ブログ内検索

プロフィール

HN:
ユンア
性別:
女性
自己紹介:
岩手県南・I市K町在住。

家庭の事情により気ままに外出することはかなわなくなりましたが、そんな制限の中、何してやろうかな!?

岩手関連の書籍

岩手の宿探し

バーコード

Copyright © いわて*まにあ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]